2008年05月16日

出雲紀行(松江で一杯)

JR松江駅まで戻った。宿泊先にカバンを預けた。空腹である。早速、夕闇迫る松江の街へと繰り出した。向かった先は……。

20080516-3.bmp

“磯万”(松江市末次本町80)である。座敷に通された。まずはビールで乾杯。私は焼酎へと移行した。白バイ貝の煮付やのどぐろの煮付、刺し身などを注文した。さすがに海産物が美味かった。今日の反省会と明日の打ち合わせをおこなった。明日は午前6時起床。また朝早くから活動をはじめることになりそうだ。

20080516-4.bmp

20080516-5.bmp

さらに一人で夜の街を散策した。宍道湖から渡って来る風が酔いをさましてくれる。松江大橋の上にしばらくたたずんだ。身体も冷えた。さて、呑みなおしである。夕方から気になっていた店に入ってみた。店は駅から宿泊先に向かう途中にあった。

20080516-6.bmp

“おでん庄助”(松江市八軒屋町16)である。カウンターの一角に陣取った。鯵のたたきや白魚の天麩羅をつまみながら、ビールや焼酎を呑んだ。キスのつみれやジャガイモのおでんにも舌鼓を打った。ふとしたことから隣で呑んでいた女性2人組と話を交わすことになった。地元の会社員であるという。旅に出るとこういう偶然の出会いが楽しい。遺跡や神社も大いに結構である。しかし、見知らぬ人や風景と出会うことにこそ旅の醍醐味があるはずだ。おかげで酒も進んだ。
posted by 乾口達司 at 18:28| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック