2008年03月29日

新大宮で一杯。

実家に帰宅したのは午後6時過ぎのことだった。シュンは近鉄百貨店地下の食料品売り場で購入した551の蓬莱の豚饅をほおばっている。その姿を横目に見ながら服を着替えた。自転車で新大宮へと向かった。午後7時、近鉄新大宮駅の改札にてN部長と合流した。N部長とは前回以来である。向かった先は……。

20080329-2.bmp

“酒肆春鹿StandingBar”(奈良市大宮町6-7-1カイモト第3ビル1F)である。奈良町にある“酒肆春鹿”の立ち呑み店である。昨年オープンしたという。まずは生ビールで一杯。ほたるイカの沖漬けや湯豆腐などをつまみながら春鹿に舌鼓を打った。小学校の同級生の話題やN部長が主催する予定のパン教室、ブログネタなどで盛り上がった。お互いの思うところが一致してなかなか愉快な呑み会であった。今夜も良く呑んだ。N部長とは来月もまた呑もうと思っている。
ラベル: 豚饅 新大宮 パン
posted by 乾口達司 at 00:34| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック