2008年03月28日

回転寿司のシュン。

私には2人の甥っ子がいる。長男はシュン。4月から小学3年生である。次男はユウ。5月で満2歳を迎える。埼玉県に住んでいる。シュンは小学校が長期休暇に入るといつも奈良に帰って来る。普段は私か両親が埼玉まで迎えにゆく。今年は関西に帰って来る同級生一家に混じって帰って来た。母親がJR京都駅で出迎えた。実家に到着したのは午後4時頃のことだった。仕事を終えた私も実家に駆けつけた。午後7時、父親が仕事から帰って来た。父親の車に乗り込んだ。向かった先は……。

20080328-1.bmp

回転寿司の“さんきゅう”ドリームランド前店(奈良市法蓮町1583-1)である。シュンの好物は寿司である。特にサーモンやまぐろのトロには目がない。欲しいネタがあると自分から注文する。「寿司はやっぱり手で食べなくちゃね」。そういって寿司を素手で食べる。素手で食べないと“通”ではない。そう教えたのは私である。以来、ションは寿司を素手でつまんでいる。一方、私は箸を使っている。もう少し大人になったら、職人が握る本格的な寿司屋に連れていってやりたいと思っている。しかし、何しろ育ち盛りのガキである。大人顔負けの数を頬張る。財布の中身が幾らあっても足りない。仕方なく回転寿司でごまかしている次第だ。明日からは忙しい。シュンの面倒を見ながら仕事もこなさなければならない。31日には妹とユウも帰省する。大忙しの10日間になりそうだ。
ラベル:回転寿司
posted by 乾口達司 at 00:12| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック