2008年03月04日

奈良町で一杯。

20080304-2.bmp

向かった先は“酒処 蔵”(奈良市光明院町16)である。昨年末に訪れて以来だ。開店早々に訪れた。

20080304-3.bmp

いつものように“きも焼き”“焼き鳥”“おでん”を注文した。そのほかにもWが“湯豆腐”などを頼んでいた。酒はビールから日本酒へと進んだ。

Wとは大安寺や白毫寺について話した。古代史を探究するため、九州へ行ってみようかという話でも盛り上がった。先月、M氏と呑んだときに飛び出した話についても語らい合った。WやM氏と話し合ったプランは是非とも実現したいものだ。美味い酒だった。“蔵”はいつ来ても落ち着く。
posted by 乾口達司 at 00:35| 奈良 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに“蔵”はなかなかよかったですね。私には、“吾作どん”よりよかったです。
特に、冬だからか、おでんと湯豆腐は、白毫寺の叡尊像や大安寺西塔の礎石ぐらい印象に残っている、というのはほめすぎですかね?鯨カツもよかったです。
次に行くとしたら、今回食べなかった、あぶりの鯖寿司でもたべようかな。
Posted by W at 2008年03月04日 20:39
たしかに、“蔵”はなかなかよかったです。僕には、“吾作どん”よりもよかった。まだ、寒いからか、おでんや湯豆腐が、白毫寺の叡尊像や大安寺西塔の礎石と同じぐらい印象に残っているというのは、ほめすぎかな?鯨カツもよかった。
次に“蔵”に行くとしたら、今回食べなかった炙りの鯖寿司でも食べようかな?
Posted by W at 2008年03月04日 20:53
いや、“吾作亭”か?
Posted by W at 2008年03月04日 21:08
すいません、コメントが表示されないと思って、似たようなコメントを2度書き込んでしまった。よかったら、乾口さんが選んで、どちらか消去しておいてください。
Posted by W at 2008年03月04日 21:11
早速、覗かせていただきました。

けっこう色々と料理もされるんですね。
意外でした。

同窓会での変な感覚、わかります!
楽しかったけど、居心地悪いのよね。
数人で会っているとそうでもないんだけど。(笑)
これからも、ちょくちょく覗かせていただきますね。
また、飲みに行きましょ。
Posted by M at 2008年03月04日 23:16
>>W
訪問有難う。“蔵”にはまた案内しましょう。30日の件は後日連絡。

>>M
日程は調整しましょう。詳細は後日に。
Posted by 乾口達司 at 2008年03月07日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック