2008年02月28日

ニョッキ1

20080228-1.bmp

ニョッキの魅力にとりつかれたのは、難波のロゼフラマン(大阪市浪速区難波中1-14-16)で会食したときのことだった。関心を持ったものには自分からアプローチしたがる性分である。自分で作ってみたいと思った。

早速、チャレンジした。失敗した。強力粉が足りなかったのだろう。湯のなかに投入すると、ボロボロと崩れてしまった。2回目からはうまくいった。以来、7〜8回は作っている。しかし、今年になってからはまだ作っていない。そのことに気付いた。久し振りに作ってみよう。

芽を除いたジャガイモを塩茹でする。竹串を突き刺す。内部まで通るほどにやわらかくなったらお湯から引き上げる。その間、20分〜30分程度。
皮を剥いて素早く裏ごしする。ボールにあける。熱いうちに卵黄・強力粉・パルメザンチーズ(多め)・塩(少々)を混ぜ合わせる。まな板の上に打ち粉をほどこして2〜3分こねる。適当な大きさに切り分ける。軽くまとめる。楕円形のものあり。円筒形状のものあり。フォークで表面に筋を付ける。
沸騰したお湯(塩+オリーブオイル入り)へ投入する。1分ほどで浮かんで来る。それをすくい上げる。皿へ盛って出来上がり。

今回はトマトソース(ニンニクのみじん切り+オリーブオイル+ホールトマト+塩コショウ)をかけて食べた。モチモチした食感にはいつも魅了される。
posted by 乾口達司 at 23:32| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うまそうやなあ。すいとんとはちゃうの?
Posted by おサル at 2008年02月29日 16:22
ニョッキ来たー!チーズいっぱい入れるとおいしそうですね!
Posted by マリキタ at 2008年02月29日 20:56
>おサル
すいとんは思い付きませんでした。成程。でもすいとんそのものには味はないですよ。小麦粉だけですし。具材のダシを吸って味が出るんでしょう。ニョッキはジャガイモやチーズと一緒にこねますからね。今度はすいとんも作ってみましょう。

>マリキタ
次回はジャガイモ以外でチャレンジしてみる予定。
Posted by 乾口達司 at 2008年03月02日 01:27
楽しみにしてますわ
Posted by おサル at 2008年03月03日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック