2008年02月20日

プロフィール2

2月19日は誕生日。

2月2日以来、プロフィール欄を放置したままになっていた。そのことに今日気がついた。今回は大学入学の頃までの生い立ちを書いてみよう。

三十数年前の2月19日、無芸・大食・テレビっ子の父親と我流押し花教室を主宰する母親の長男として生まれた。
出生した病院には、大学時代の同級生Hの母親が勤めていた。これはまったくの偶然である。
出生直後、事情により別の病院へと移る。自宅に戻って来たのは3月末のことだった。

国立大学系の附属幼稚園→小学校へと通む。注意力散漫で落ち着きのない色モノ系キャラであった。
先生方のなかには、親戚に当たる図工科の教師Iがいた。親戚の教師一家と交流のある体育科の教師Sや社会科の教師Oもいた。母親とは幼馴染の家庭科の教師Hもいた。
したがって、学校での悪行の数々はすべて我が家に筒抜けであった。母親にはしばしば叱られた。そして、呆れられた。

同級生たちとは良く遊んだ。
昨年末、小学校時代の同窓会が開かれた。当時の仲間と二十数年ぶりに再会を果たした。そのなかには幼馴染のMもふくまれていた。Mとは近所同士であった。学校から帰って来てからも一緒に遊んだ。我が家に連泊したこともあった。
JR奈良線の線路上で遊び呆け、列車を止めた悪童のNもいた。Nの自宅には学校の帰りにしばしば立ち寄った。三島由紀夫の大きなパネル(モノクロ写真)が飾られていたのが印象に残っている。
同窓会の日の夜、最後まで呑んでいた相手もNだった。JR奈良駅前で別れたのは確か午前3時半過ぎのことだったように思う。北海道在住のTが酔いつぶれて先に帰った後、二人でいろいろなことを話し合った。そんな悪童Nもいまや部長である。部長なのである!!
N部長とは、先月、同級生のA・F・H・Iを交えた酒の席でも一緒だった。近々また飲む予定。

(続く)
posted by 乾口達司 at 00:35| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック