2008年02月05日

学園北の給水塔。

歩くことが大好きです。
実家へ帰るときも歩いています。
5〜6キロでしょうか。
昼夜を問わず、実家までの1時間20分ほどの距離をしばしば歩いています。
ルートもいろいろ。
東坂→尼ヶ辻方面を経由する南大回り。鶴舞団地→秋篠方面へと抜ける北大回り。
もっとも頻繁に利用するのは近鉄奈良線に沿って東へと向かうルートですが、その途中にあるのが、この建造物。

20080205-1.bmp

近鉄奈良線を利用する人ならば、一度は目にしたことがあるはず。
菖蒲池―学園前間の小高い丘陵の上に聳えるこの建物。
どうやら給水塔のようです。
現在でも使われているのでしょうか。
物心のついた頃から、同じ場所に、同じようにして突っ立っていました。
父親の車に乗り込み、こいつの横を通り過ぎるときは、なぜかドキドキしたものです。(笑)
間近で見上げると威圧感があります。
しかし、その反面、ずんどうなのでどこかユーモラスでもあります。
高台から私たちの暮らしを見守ってくれているかのような不思議な佇まい。

20080205-2.bmp

周囲の風景とマッチしているのかどうかも微妙。
シュールな光景を演出する給水塔です。
posted by 乾口達司 at 23:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック