2020年09月04日

西大寺野神町の体性院・骨堂。

FJ3138080001.jpg

体性院の西側には、地域の共同墓地が広がっている。その一角にあるのが、こちらの骨堂(こつんどう)。中世には納骨堂として機能していた建造物であり、壁面には背丈以上もある大きな板塔婆が何重にも打ち付けられている。中世以来の葬送儀礼の名残を残す小堂である。驚いたことに、倒壊の危険があるようで、現在、フェンスでかこまれている。貴重な建造物であるゆえ、きちんと保存してほしい。
posted by 乾口達司 at 08:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]