2020年06月12日

お疲れさまでした。

FJ3137050001.jpg

会社の先輩が本日で退職。お疲れさまでした。白ワインを良く飲むので事前に白ワインを買い求め、贈呈しようと思っていたが、買いに出掛ける時間がなく、結局、自宅に転がっていたイタリアワインのバローロを持参。日々、イタリア語を勉強し、たびたびイタリアまで足を運んでいる方だけに、バローロはうってつけの贈呈品ではなかっただろうか。そう自画自賛していると、イタリアに造詣の深い人にあえてイタリアワインを贈呈するとは、なかなか図太い神経をしているなと揶揄された。
posted by 乾口達司 at 21:21| 奈良 ☁| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]