2020年06月06日

洞川温泉紀行(紀の国屋甚八)

kamo.jpg

洞川温泉の宿泊先は“紀の国屋甚八“(奈良県吉野郡天川村洞川222-1)。平日におもむいたためか、当日は私たちのほかにもう一組宿泊しているだけであった。おかげでもう一組が泊まっている本館とは別棟にある離れをまるまる自由に使うことが出来た。館内二か所の入浴施設も貸し切り状態。夕食・朝食も美味しくいただいた。写真は夕食で出た鴨鍋。ほかにも鮎の塩焼きやサービスでいただいたアマゴの天ぷらなどが美味しかった。ご飯もとても美味しい。山から湧き出る良質な天然水で炊かれているからだろう。また泊まりに行きたい宿である。
posted by 乾口達司 at 12:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]