2020年05月05日

ワイン購入。

wain.jpg

先日、知り合いの某ワインバーへ。行政からの営業自粛要請を受けて、目下、自粛中である。しかし、店内で飲食を提供する代わりにワインのボトル販売をおこなっている。販売するにあたり、税務署からは酒類の小売販売の許可がすぐにおりたという。他の店舗では、店頭に店員が立ち、自分たちの作ったお弁当などを売ろうと声を張りあげているというのに、ここだけはブラインドを下ろし、こっそり営業中。シャッターがおりていなければ、営業していることさえわからないほどである。まったく商売っ気がない。もちろん、それが良いところである。カリフォルニアワインを1本購入した。
posted by 乾口達司 at 09:25| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]