2020年04月21日

韓国・慶州紀行(皇南パンと巨大海苔)

FJ3133950001.jpg

FJ3133870001.jpg

最終日は朝から買い物へ。私はキョンジュ名物の「皇南パン」(ファンナムパン)を買いに出掛けた。日持ちがしないため、最終日に買い求めたのである。店内は甘い香りで充満している。それもそのはず、カウンターの奥では職人たちがせっせとパンを作っていた。20個入りの一箱を注文。帰国後、レンジで少しあたためていただいた。パンというよりも餡子を詰めた饅頭菓子のようなものであった。しかし、日本の菓子のように過度に甘くはない。適度な甘みがあって、中国の菓子を思い起こさせる。一方、相棒は中央市場まで出掛けて巨大な海苔を購入した。スーツケースと同じほどの表面積を持つ海苔であった。荷物をすべて詰め込んだ後、その上に海苔をのせると、ピッタリおさまった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]