2020年02月22日

韓国・慶州紀行(茸長寺跡三層石塔)

FJ3133490001.jpg

FJ3133480001.jpg

首のない石仏からさらに岩山を登ると、突然、目の前に石塔が現われた。これが茸長寺跡に立つ三層石塔である。今回の南山トレッキングで是非とも拝見したかった石塔である。実に雄大な眺めである。はるか遠くに見えているのは、南山の最高峰・高位峰。崖の上に立つその姿はまことに堂々たるものであった。剝き出しの岩盤を基壇に見立てている演出も心憎い。自然と人工の造形物との調和が見事であった。ここからさらに上方へ足をのはずと、やはり石塔の残骸が見られた。部材となる石材は付近から切り出したのであろう。鑿の跡が残る岩が幾つも見られた。南山にはこういった山岳寺院がたくさんあったようである。
posted by 乾口達司 at 10:00| 奈良 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]