2019年12月30日

新年を迎えるにあたって。

今年のうちにやっておかなければならない案件は無事に終えられた。あとは家の大掃除が残っているだけである。今年は韓国を二度訪れることが出来た。ソウルと慶州である。有難い限りである。韓国には来年も出掛ける予定となっている。それ以外にも近代史とかかわりのある場所を訪れなければならない。来年はそんなところにも足をのばせられるだろうか。来年が無理でもせめて再来年くらいには出掛けたいものである。残された時間のなかでいまのうちに行けるところは行っておかなければならない。定期的に続けている研究会もいよいよ山場である。大方整っているとはいえ、他の有志の原稿がきちんと集まりますように。自分自身の原稿の整理も叶いますように。来年も宜しくお願い申し上げます。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]