2019年11月30日

後藤明生を読む会(第42回)

今日は後藤明生を読む会の第42回がもよおされた。今回は「後藤明生とわらべ歌」をテーマにした基調発表がおこなわれた。子どもたちによってうたわれるわらべ歌が内包する、ぬぐいがたい差別性、植民地主義をあらためて確認する機会となった。今後の課題はそれをどのように文章化するかということであろう。黒島伝治の名前も久々に聞いた。いまのような時代であるからこそ、もう一度、読み返すべき大切な作家である。新人の参入も有り難かった。是非、一文、書いていただこう。後半は有志各人が持ち寄った論考、その他にもとづいてコンテンツを確認した。次回でそろそろ集約することになるだろう。次回は来年3月の開催を予定している。各自のおもだった論文についての合評会を予定している。
posted by 乾口達司 at 23:44| 奈良 | Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]