2019年07月06日

百舌鳥・古市古墳群世界遺産登録。

大阪府の百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に正式に登録されたという。しかし、陵墓であるということもあって、登録された個々の古墳に立ち入ることは出来ない。それでも喜ぶ市民がいるという。内部に立ち入ることも出来ないというのに、何が嬉しいというのか。さっぱりわからない。宮内庁は陵墓というが、天皇家の祖先の墓であることも実証することが出来ていないというのに、よくいうものだ。世界遺産の名にひかれてわざわざ遠方からやって来たものは、残念に思うのではなかろうか。周濠の外から眺めても、単なる小山に過ぎない。
posted by 乾口達司 at 22:45| 奈良 ☀| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]