2019年05月07日

ソウル紀行(韓国戦争記念館)

FJ3130350001.jpg

韓国戦争記念館も広かった。その名のとおり、百済・新羅・高句麗の三国時代から「壬辰倭乱」「丁酉倭乱」、さらに朝鮮戦争にまでいたる朝鮮半島における「戦争」をテーマとした博物館である。当然のことながら、朝鮮半島に甚大な被害をもたらし、現在もなお国家規模の問題となっている朝鮮戦争は当館のとりあつかうもっとも大きなテーマであり、2つのフロアがまるごと朝鮮戦争を題材にしている。おかげで朝鮮戦争の発端から休戦にいたる趨勢などをしっかり学ぶことが出来た。屋外には朝鮮戦争当時に使われた戦車などの実物も展示されていた。見応え充分であり、また折を見て訪れたい施設である。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]