2019年04月25日

ソウル紀行(韓国国立中央博物館)

韓国国立中央博物館は広かった。おかげで急いでみてまわることになった。三・一運動から百年の節目の年であったからだろうか、当時、上海にあった大韓民国臨時政府に関するミニ企画展ももよおされていた。これは意外であった。当時の資料などを興味深く拝見。ほかにも、埋蔵文化財や仏像、青磁や白磁など、見応え十分であった。またいつか訪れてみたい。
posted by 乾口達司 at 23:01| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]