2018年12月04日

北京紀行(中国人民抗日戦争紀念館1)

FJ3128540001 (003).jpg

FJ3128660001 (003).jpg

宛平城の中央には、中国人民抗日戦争紀念館が建てられている。盧溝橋に隣接する宛平城のなかに中国人民抗日戦争紀念館が建てられているということからは、中国側が盧溝橋事件(七七事変)を抗日戦争の基点としてとらえていることが読み取れる。立派な建物である。内部はたくさんの部屋に分かれており、実に広い。じっくり見てまわったため、結局、午後に予定していた中国人民革命軍事博物館は、翌日にまわすことになった。たくさんの人が訪れていた。社会見学の場所になっているのであろう。中学生と思しき少年少女の一団も複数見られた。門前には「勿忘国恥」と書かれた巨大な看板も掲示されていた。
posted by 乾口達司 at 02:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]