2018年09月16日

難波で一杯。

FJ3127600001.jpg

今夕は招待券をもらっている関係で文楽劇場にて宮崎県の銀鏡神楽を鑑賞。前半から中盤にかけては退屈であったが、終盤の幾つかの演目は愉快であった。現地でそうしているように、酒でも飲みながら鑑賞するなら良かっただろうと思った。久々に坂口安吾の「高千穂に冬雨ふれり」を読み返してさすがに慧眼だと感服した。終演後、相方と難波WALKの“ビアーズテーブル ケラケラ” (大阪市中央区難波2-1-13 なんばWALK1番街南通り)へ。珍しいベルギービールを呑んだ。アルコール度数が高かった。
posted by 乾口達司 at 00:10| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]