2018年08月16日

大津市の勾当内侍の墓。

FJ3126610001.jpg

南北朝時代の武将・新田義貞の妻の一人であったとして知られる勾当内侍の墓が大津市の堅田地区にあることは、だいぶ前より知っていた。しかし、訪れたのははじめてである。義貞の死後、勾当内侍は悲しみのあまり、琵琶湖に入水したという。当地で毎年秋に勾当内侍の死をいたむ祭礼がおこなわれるという。社殿の裏には石垣でかこまれた塚もあった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]