2018年04月09日

上海紀行(上海博物館)

FJ3123400001.jpg

十数年振りに上海博物館を訪れた。青銅器コーナーは相変わらず素晴らしかった。以前、訪れたときにも気付いていたが、商(殷)以前に存在した伝説の国家「夏」のものとされる青銅器も展示されていた。しかし、『史記』に記載されているからといって、夏の実在性が考古学的に確かめられているのであろうか。商代に先行する二里頭遺跡の存在をもって、夏の実在を認めているのであろうか。中国における考古学の見識がどこまで進んでいるのか、興味を持った。ほかにも、多民族国家としての中国にふさわしく、各部族の民族衣装を展示した部屋も興味深かった。前回、訪れたときよりもじっくり見た。

FJ3123410001.jpg
ラベル:中国 上海 博物館
posted by 乾口達司 at 01:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]