2016年01月06日

たびねす掲載情報168(極楽寺)

20160106-1.bmp

【たびねす】に第167回の記事【商売繁盛で笹を持って来い!「奈良町」に春を呼ぶ南市の初戎】を紹介したことは2015年12月26日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは広島大仏を擁する奈良県安堵町の極楽寺です。ご覧下さい。

【広島大仏がなぜ奈良に!?原爆慰霊と縁を持つ安堵町の極楽寺】
広島に原爆が投下されて70年以上の歳月が流れました。これまでにさまざまな形で被爆者の慰霊がとりおこなわれて来ましたが、そのなかには「広島大仏」と呼ばれる巨大な仏像を作ったものもありました。その広島大仏が忽然と姿を消して半世紀。現在、その広島大仏が奈良のお寺にあること、ご存知ですか?今回は広島大仏を有する安堵町の極楽寺をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/15006/
ラベル:原爆 仏像
posted by 乾口達司 at 22:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック