2015年12月24日

後藤明生を読む会(第28回)のお知らせ。

2009年の年末以来、大学時代の同窓生たちと内向の世代の小説家・後藤明生(1932年〜1999年)をめぐる勉強会を立ち上げようと話し合って来た。これまでに何度も会合を重ねた。そして、2010年8月29日に第1回の読書会をもよおすことが出来た。以後、勉強会を重ねて来ている。前回の研究会のことは11月8日の日記のとおりである。参加は自由。興味のある方はいらっしゃって下さい。

■第287回後藤明生を読む会の御案内
2009年の暮れから有志で集まり、内向の世代の文学者・後藤明生の評論集を制作・刊行してみようと話しあってまいりました。それに先立ち、後藤明生の文学をより深く理解するため、これまでに「後藤明生を読む会」を企画・運営し続けております。後藤作品について共同で討議をするなかでお互いの認識と協同性を高めあい、後藤明生論集を執筆・刊行してゆく道筋をつけていければと考えております。特に発表者と聞き手とが相互に入れ替わることで各人がテクストの読み手であると同時に書き手であるという相互変換的な存在へと成長していければと願っております。さて、来る2月13日、第28回の「後藤明生を読む会」をもよおします。次回は、以前、テキストとしてとりあげた『笑坂』と『吉野大夫』の再読をテーマとしながら、書籍化に向けた論文に対する具体的な批評もおこなう予定です。参加資格などは一切ありません。万障お繰り合わせの上、御出席を賜りますよう御案内申し上げます。

日時 2016年2月13日(土)13:00〜17:00
場所 「プレラにしのみや」6階(西宮市中央公民館603集会室)
最寄駅 阪急線・西宮北口駅
テキスト 後藤明生『笑坂』(筑摩書房)および『吉野大夫』(平凡社)
会費 500円程度(会場使用料を参加者人数で割ります)
その他 終了後、近くの酒場で懇親会をおこないます(会費は別途)/会場は「GSW読者の会」名儀で手配しています
ラベル:後藤明生
posted by 乾口達司 at 21:41| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック