2015年10月09日

たびねす掲載情報154(本蓮寺)

20151009-1.bmp

【たびねす】に第153回の記事【最古の玉眼仏から大石棺仏まで!奈良県天理市の古刹・長岳寺】を紹介したことは10月7日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは岡山県・牛窓地区の本蓮寺です。ご覧下さい。

【日本のエーゲ海・牛窓のシンボル!高台に立つ岡山県・本蓮寺】
岡山県瀬戸内市の牛窓地区に広がる海は「日本のエーゲ海」と呼ばれ、全国的に知られています。そんな「日本のエーゲ海」を象徴するお寺こそ、時代を感じさせる街並みが続く牛窓地区の高台に立つ本蓮寺。今回は文化財クラスの建造物が立ち並び、朝鮮通信使とも深いかかわりを持つ本蓮寺をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/13147/
ラベル:
posted by 乾口達司 at 01:42| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | LINEトラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック