2015年10月07日

たびねす掲載情報153(長岳寺)

20151007-1.bmp

【たびねす】に第152回の記事【四隅突出型墳丘墓を学ぼう!出雲弥生の森博物館と西谷墳墓群】を紹介したことは10月4日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは奈良県天理市の長岳寺です。ご覧下さい。

【最古の玉眼仏から大石棺仏まで!奈良県天理市の古刹・長岳寺】
日本最古の街道とも称される奈良県の「山の辺の道」。山裾をぬうようにして南北を走るその古道の周辺には巨大な前方後円墳や、古刹、古社などが点在しており、観光客に古都・奈良の豊かな歴史性を強く印象づけてくれています。そのなかでも、是非、立ち寄っていただきたいのが、山の辺の道きっての古刹・長岳寺。今回は日本最古の玉眼仏や大石棺仏を擁する長岳寺の魅力をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/13113/
ラベル:石仏
posted by 乾口達司 at 21:35| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック