2015年09月06日

たびねす掲載情報146(加茂岩倉遺跡)

20150906-1.bmp

【たびねす】に第145回の記事【被葬者は謎の豪族・葛城氏の始祖王?奈良県御所市の宮山古墳】を紹介したことは9月5日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは島根県の加茂岩倉遺跡です。ご覧下さい。

【こんな山中から!?考古学の常識を覆した島根・加茂岩倉遺跡】
弥生時代を代表する埋蔵文化財といえば、銅鐸を思い浮かべる方も多いはず。実は、島根県にはその銅鐸によって考古学の常識を覆した遺跡が存在します。雲南市の加茂岩倉遺跡です。では、なぜ、加茂岩倉遺跡の発見が考古学の常識を覆すことになったのでしょうか。今回はその疑問を解き明かしながら、加茂岩倉遺跡とそこから出土した銅鐸の重要性をお伝えしましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/12333/
ラベル:銅鐸 遺跡
posted by 乾口達司 at 08:34| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック