2015年07月28日

たびねす掲載情報135(高麗美術館)

20150728-1.bmp

たびねすに第134回の記事【剥製から神秘の人体標本まで!岡山「つやま自然のふしぎ館」】を紹介したことは7月22日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは京都市の高麗美術館です。ご覧下さい。

【京都で朝鮮文化に触れる!貴重な文物が展示された高麗美術館】
京都といえば、日本文化の粋を集めた一大中心地。しかし、そんな京都の街中に、朝鮮半島の古文物を蒐集・展示した美術館が存在すること、ご存知ですか?その名も「高麗美術館」。館内の収蔵品はもちろんのこと、館外に展示された文物も貴重なものばかり。今回は館外の展示品を中心にして、京都にあっては異色といっていい高麗美術館の魅力をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/11512/
ラベル:美術館
posted by 乾口達司 at 21:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | LINEトラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック