2015年03月12日

たびねす掲載情報109

20150312-1.bmp

前回、たびねすに第108回【桜といえばやはりここ!福岡きってのお花見スポット・西公園】の記事について紹介したことは3月10日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは奈良市の世界遺産・平城宮跡の桜です。ご覧下さい。

【華やかな王朝世界との共演!奈良の世界遺産・平城宮跡の桜】
奈良の春といえば、次の万葉歌を思い浮かべる人も多いはず。「あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり」(小野老)。その歌に詠まれた情景を代表するお花見スポットといえば、世界遺産・平城宮跡をあげないわけにはまいりません。公園化された広大な敷地には数多くの桜が植えられており、復原された宮殿とのコラボレーションが私たちを華やかな天平時代へといざなってくれます。今回は平城宮跡の桜をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/9116/
ラベル:平城宮跡
posted by 乾口達司 at 22:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック