2015年02月16日

T先生とお電話。

久し振りにT先生からお電話を頂戴した。先生からお問い合わせがあってのことである。したがって、お互い、懐古の情などお構いなしにすぐさま用件に入った。しかし、それで良い。過去よりも現在である。そして、未来である。
ラベル:先生
posted by 乾口達司 at 22:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック