2014年12月03日

岡山紀行(万歩書店)

20141203-1.bmp

岡山紀行(旧片上鉄道0キロポスト)→こちら
岡山紀行(伊部)→こちら
岡山紀行(鬼ノ城)→こちら
岡山紀行(楯築遺跡)→こちら

岡山を訪れると、折を見て古書店めぐりをする。なかでも、しばしば足を運ぶのが万歩書店本店である。雑然と古本が並べられ、あるいは積み重ねられた店内は迷路そのもの。書架と書架のあいだをめぐっているうちに自分がいったいどこにいるのか、次第にわからなくなる。それ自体が書物の快楽といってもいいだろう。一日、店内に入り浸っていられるだけの魅力をそなえた古書店である。
ラベル:古書店
posted by 乾口達司 at 21:12| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック