2014年10月30日

佐保川沿いの万葉歌碑(坂上郎女)

20141030-1.bmp

朝から佐保川沿いを散策。写真は法蓮町近辺の佐保川沿いに点在する万葉歌碑の一つ。「うち上ぼる佐保の川原の青柳は今は春へとなりにけるかも」(巻8-1433)。作者は大伴坂上郎女。坂上郎女といえば、先月、ちょっとした演技をおこなったときに関わった役柄と深く関わる女流歌人である。
ラベル:歌碑
posted by 乾口達司 at 11:46| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック