2014年10月12日

京都市の泉屋博古館。

20141012-1.bmp

所用で久し振りに泉屋博古館(京都市)を訪れた。泉屋博古館のコレクションといえば、私にとってはやはり青銅器の数々である。厚さ数ミリという驚くべき薄さで作られた青銅製の太鼓や人間を抱きかかえた虎の姿をかたどったものなど、いつ見ても相変わらず素晴らしいの一言に尽きる。写真はアンケート記入用の机の上に置かれているスタンプ。当館所蔵の青銅器やその模様を刻んだスタンプであり、手元に置いておきたいものばかり。しかし、ミュージアムショップにでは販売されていないという。これは残念である。代わりにポストカード3枚と象形文字をデザインした薄手のカバンを買い求めた。
ラベル:青銅器
posted by 乾口達司 at 22:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック