2014年09月05日

後藤明生をめぐる旅(千葉篇・谷津遊園ハイツ2)

20140905-1.bmp

後藤明生をめぐる旅(千葉篇・出発)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・JR幕張駅) →こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・幕張ハウス)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・海苔屋と中華料理店)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・歩道橋とS字型新道)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・幕張ファミールハイツ)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・「消防隊進入口」?)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・「駐車禁止」の文字)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・荒馬大五郎の墓)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・首塚への案内板1)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・首塚への案内板2)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・首塚1)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・首塚2)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・首塚3)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・首塚4)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・道祖神社)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・浅間大神)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・子守神社)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・金比羅神社)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・京成電鉄谷津駅)→こちら
後藤明生をめぐる旅(千葉篇・谷津遊園ハイツ1)→こちら

写真は谷津遊園ハイツを真横に貫く歩道。谷津遊園ハイツの背骨というべきところである。奥側が谷津干潟方面。建物の外壁は思いのほか白く、相当の年月が経過しているとは思えないほどである。おそらく近年になって新たに塗りなおされたのであろう。(続く)
ラベル:後藤明生
posted by 乾口達司 at 22:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック