2014年08月28日

たびねす掲載情報73

20140828-1.bmp

前回、たびねすに第72回(幻の軽便鉄道!兵庫県播磨町郷土資料館に残る別府鉄道の遺産)について記したことは8月24日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは大阪府堺市の国宝・桜井神社拝殿です。ご覧下さい。

【大阪府堺市唯一の国宝・桜井神社拝殿!その特異性と謎を追う】
神社の拝殿というと、本殿の前に立つ参拝者用の建物を想像するでしょう。しかし、その形態は神社によってさまざま。なかでも、大阪府堺市唯一の国宝・桜井神社拝殿は私たちが連想する神社建築一般とは一線を画した特異な形態をとどめており、特に古建築好きには必見のスポットです。しかも、その形態には謎も秘められているのです!今回は桜井神社拝殿の特異性とその謎をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/5690/
ラベル:神社 国宝
posted by 乾口達司 at 01:24| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック