2014年07月15日

たびねす掲載情報64

20140715-1.bmp

前回、たびねすに第63回(数々の歴史に彩られた「遠の朝廷」!福岡・大宰府跡をめぐる旅)について記したことは7月10日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは兵庫県加西市の「北条の五百羅漢」です。ご覧下さい。

【日本版モアイ!?変顔続出の兵庫県加西市・北条の五百羅漢】
モアイといえば、チリ・イースター島の石造彫刻のこと。しかし、そんなイースター島のモアイを彷彿させる石像群が日本にも存在します。兵庫県加西市に残る北条の五百羅漢です。本物のモアイほどの大きさはない代わりにそれぞれに異なる表情を見せ、変顔続出!その個性あふれる表情に魅了されること、間違いありません!北条の五百羅漢を拝みに、この夏、ぶらりと旅に出てみませんか?
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/4978/
ラベル:石仏
posted by 乾口達司 at 21:21| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック