2014年07月04日

梅酒。

梅酒をもらったのは、10日ほど前のことである。蓋には梅がつけられた日付が記されていた。それによると、梅がつけられたのは、昭和56年。いまから33年も前のものである。最初は果たして呑めるのだろうかと心配をしたものである。しかし、それは杞憂であった。以後、毎晩のようにロックにして呑んでいる。今夜もそろそろ呑む時間が来たようだ。
ラベル:梅酒
posted by 乾口達司 at 22:06| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック