2014年05月26日

後藤明生をめぐる旅(福岡篇・恵蘇八幡宮3)

20140526-1.bmp

後藤明生をめぐる旅(福岡篇・H氏と)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・朝倉高校)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」1)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」2)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」3)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」4)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」5)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」6)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・後藤明生文庫)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・若き日の後藤明生)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・学生歌歌碑1)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・学生歌歌碑2)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・『福岡県立朝倉高等学校同窓生名簿』)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「記念誌」1)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「記念誌」2)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「幻の故郷」)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・旧将校町)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」追記)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・教法寺)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・O先生と)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・原鶴温泉)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・恵蘇宿)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・恵蘇八幡宮1)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・恵蘇八幡宮2)→こちら

後藤明生の小説やエッセイによると、その本籍地(番地)は恵蘇八幡宮の前を走る車道になっているという。写真は恵蘇八幡宮の境内からその車道を見下ろしたもの。厳密にどのあたりかを突き止めてはいないが、おおよそ、写真のあたりではなかろうかと思われる。ちなみに、車道の向こうに流れているのは筑後川である。(続く)
ラベル:後藤明生
posted by 乾口達司 at 22:07| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック