2014年03月22日

石川紀行(松任金剣宮)

20140322-1.bmp

石川紀行(大雪のなかの旅立ち)→こちら
石川紀行(兼六園)→こちら
石川紀行(近江町市場のエレベータ・ウシ)→こちら
石川紀行(天徳院)→こちら
石川紀行(松任城跡)→こちら
石川紀行(松任城跡・カエデの巨木)→こちら

JR松任駅前にかつて存在した松任城跡のことは【たびねす】の記事(石川県・松任駅の地下に眠る松任城!その規模は想像以上!)にも記した。そのなかで城の規模はわれわれの想像よりもさらに大きいことも記しておいた。城の西北部分は、現在、建設中の新幹線の高架をまたぎ、その反対側にまで張り出している。現在、そこに建つのが松任金剣宮である。松任金剣宮は養老元年の創立。松任城の城主だった鏑木氏らに厚く尊崇されており、彼らによって、荘厳な社殿が建立されている。いわば、松任城の守り神というべき存在であるといえよう。松任城が松任金剣宮と隣接していた理由がこの由緒からも納得できる。私が訪れたとき、境内は閑散としていた。

【参考記事】
石川県・松任駅の地下に眠る松任城!その規模は想像以上!

http://guide.travel.co.jp/article/3146/
ラベル:神社
posted by 乾口達司 at 21:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック