2014年02月21日

兵庫・岡山紀行(宇喜多興家の墓)

20140221-1.bmp

兵庫・岡山紀行(初詣客の合間をぬって)→こちら
兵庫・岡山紀行(志染の石室)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・仁王門)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・石造五重塔)→こちら
兵庫・岡山紀行(千体地蔵)→こちら
兵庫・岡山紀行(竹中半兵衛の墓)→こちら
兵庫・岡山紀行(三木城跡)→こちら
兵庫・岡山紀行(淡河弾正忠定範戦死之址)→こちら
兵庫・岡山紀行(別所長治夫妻の首塚)→こちら
兵庫・岡山紀行(別所長治の墓)→こちら
兵庫・岡山紀行(厄神駅への道)→こちら
兵庫・岡山紀行(曹源寺)→こちら
兵庫・岡山紀行(大光院・法華題目石)→こちら
兵庫・岡山紀行(熊山遺跡)→こちら

宇喜多興家は宇喜多直家の父である。その墓はかつて備前福岡と呼ばれた長船の妙興寺にある。そのことは【たびねす】の記事(備前福岡歴史探訪!西国随一の商業地は黒田官兵衛や宇喜多直家とも深い関わりを持つ!)にも記した。興家は備前国の国人。戦国時代、主君である赤松氏を凌駕し、播磨から備前、美作にまで勢力を伸ばした浦上氏の重臣であった。しかし、天文3年(1534)、父・能家が砥石城で討たれた後、我が子・直家をともなって当地の豪商・阿部氏のもとに身を寄せ、この地で没したという。妙興寺を訪れるのは数年ぶりである。しかし、あたりは、以前、訪れたときとまったく変わりがなかった。訪れる人もなく、興家の墓もひっそりたたずんでいた。

【参考記事】

備前福岡歴史探訪!西国随一の商業地は黒田官兵衛や宇喜多直家とも深い関わりを持つ!

http://guide.travel.co.jp/article/2962/
ラベル:
posted by 乾口達司 at 20:51| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック