2014年02月15日

兵庫・岡山紀行(曹源寺)

20140215-1.bmp

兵庫・岡山紀行(初詣客の合間をぬって)→こちら
兵庫・岡山紀行(志染の石室)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・仁王門)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・石造五重塔)→こちら
兵庫・岡山紀行(千体地蔵)→こちら
兵庫・岡山紀行(竹中半兵衛の墓)→こちら
兵庫・岡山紀行(三木城跡)→こちら
兵庫・岡山紀行(淡河弾正忠定範戦死之址)→こちら
兵庫・岡山紀行(別所長治夫妻の首塚)→こちら
兵庫・岡山紀行(別所長治の墓)→こちら
兵庫・岡山紀行(厄神駅への道)→こちら

岡山市の曹源寺を訪れるのははじめてではない。以前、操山をめぐったときにも立ち寄った。今回の拝観は近くに住むS先生のお宅を訪問したついでによるものであった。曹源寺は岡山藩藩主・池田綱政によって創建されている。それにちなみ、境内の奥には、池田氏代々の墓所も残されている。和意谷にある池田氏の墓所とあわせて訪れるべきであろう。総門・三門・仏殿が一直線に配置されているさまも壮観である。特に見上げるほど巨大な三門の堂々たるたたずまいは印象深い。もう一つ、忘れてならないのは、外国人修行僧たちの存在である。外国人が禅を学ぶために寺で寝起きしているのはまことに珍しい。私が訪れた日も外国人僧侶が境内を丹念に掃き清めていた。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 19:09| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック