2014年02月02日

兵庫・岡山紀行(厄神駅への道)

兵庫・岡山紀行(初詣客の合間をぬって)→こちら
兵庫・岡山紀行(志染の石室)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・仁王門)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・石造五重塔)→こちら
兵庫・岡山紀行(千体地蔵)→こちら
兵庫・岡山紀行(竹中半兵衛の墓)→こちら
兵庫・岡山紀行(三木城跡)→こちら
兵庫・岡山紀行(淡河弾正忠定範戦死之址)→こちら
兵庫・岡山紀行(別所長治夫妻の首塚)→こちら
兵庫・岡山紀行(別所長治の墓)→こちら

法界寺からはJR厄神駅まで歩いた。列車の時間が迫っていたものの、地図を見ると、もうすぐそこまで来ているようである。しかし、ここからは大変であった。駅の東側に広がる集落のなかを通って駅に向かうと、途中で道に迷ってしまったのである。自分では集落の西に位置する駅の方に向かって歩いているつもりであった。しかし、いつの間にか集落の南に出てしまっていた。どうやら駅からどんどん離れていっているらしい。これはまずいと思い、大いに焦った。結局、列車の出発する数分前に到着。駅にはすでに列車が停まっていた。知らない土地で横着をしようなどとは思うものではない。正月早々、ひやりとする瞬間であった。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 19:54| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック