2014年01月30日

兵庫・岡山紀行(淡河弾正忠定範戦死之址)

20140130-1.bmp

兵庫・岡山紀行(初詣客の合間をぬって)→こちら
兵庫・岡山紀行(志染の石室)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・仁王門)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院)→こちら
兵庫・岡山紀行(伽耶院・石造五重塔)→こちら
兵庫・岡山紀行(千体地蔵)→こちら
兵庫・岡山紀行(竹中半兵衛の墓)→こちら
兵庫・岡山紀行(三木城跡)→こちら

淡河弾正忠定範は淡河城の城主。別所長治とは縁者に当たっていたこともあり、三木合戦の折には別所方について奮戦した。天正7年(1579)9月10日、戦死。戦死したとされる場所に写真のような立派な石碑が建てられている。三木城からは5、600メートルの距離であろうか。籠城戦が続くなか、定範が当地まで出っ張って奮戦したことがうかがえる。三木城に兵糧を運び込もうと奮戦した定範一派とそれを防ごうとした羽柴秀吉軍との息詰まる攻防戦が目に浮かんだ。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 20:38| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック