2013年08月01日

志摩紀行(パルケエスパーニャ・ハビエル城博物館)

20130801-1.bmp

志摩紀行(志摩国分寺)→こちら
志摩紀行(安乗埼灯台)→こちら
志摩紀行(安乗埼灯台案内板)→こちら
志摩紀行(ホテル志摩スペイン村)→こちら
志摩紀行(パルケエスパーニャ・ピレネー)→こちら

パルケエスパーニャには、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの出生地・ハビエル城を忠実に再現したハビエル城博物館がある。館内にはスペインで出土した遺物やパネルなどが展示されており、スペインの歴史を学ぶのに最適のスポットである。なかでも、必見は世界遺産・アルタミラ洞窟の壁画を実物大で再現した巨大なレプリカである。壁画は、実物と同じく、天井に描かれており、ソファーにすわり、見上げる形で眺める。アルタミラの壁画といえば、旧石器時代に描かれた動物壁画として世界的に知られている。しかし、実際にレプリカを眺めると、それぞれの絵が、想像していたよりもはるかに大きいことに驚かされる。レプリカは、現地のアルタミラ博物館、マドリードにある国立考古学博物館と合わせて世界に3ケ所しかなく、きわめて貴重なものである。
ラベル:博物館 壁画
posted by 乾口達司 at 20:51| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック