2013年06月29日

井上謙先生を偲ぶ会第1部シンポジウム基調発表者募集のご案内

井上謙先生を偲ぶ会開催のご案内→こちら(クリック)

■井上謙先生を偲ぶ会第1部シンポジウム基調発表者募集!■
井上謙先生の訃報を受けて、先生がこれまでにどのようなご活躍をされて来たのかをあらためて振り返ってみたいと考えておられる方も多いのではないでしょうか。
事実、『評伝横光利一』(桜楓社)を代表作とする横光利一の研究、森敦や向田邦子など、横光以外の文学者に対する研究活動や大学での教育活動、文学散歩の講師をはじめとする大学外での教育・顕彰活動、『中国大河の旅』(柿の葉会)からもその一端がうかがえる日中文化研究会会長としての国際的な活動、さらには遺作となった『C58坂を上る』(銀の鈴社)などの創作活動など、先生のご活躍は多岐にわたっています。
その多彩なご活躍を反映して、近畿大学で薫陶を受けた私たちの心にも、それぞれの「井上謙」がしっかりと刻まれているはずです。
今回の偲ぶ会では、そういった「井上謙」の多面性をそれぞれの観点から紹介することにより、先生のご活躍の軌跡をあらためて確認してみようと考えました。それを具体的に実現する場として、第1部において「井上謙」をテーマとしたシンポジウム(基調発表とフリーディスカッション)を設けたく思います。
それに先立ち、当日のシンポジウムでお話をいただける発表者を募集します。
先生のありし日の言動を振り返り、当時を懐かしむのも良し。30代・40代となった各人の立場から先生の生前のご活躍をあらためて顕彰するのも良し。さまざまな内容とスタイルで「井上謙」の人と仕事を忌憚なく語っていただければ幸いです。
我こそは、という有志の皆さま、奮って名乗りをあげていただきますよう、お願い申し上げます。


・募集人数 : 3〜4名
・発表時間 : 各自30分程度
・発表内容 : 「井上謙」をテーマとしたものであれば、先生との思い出、先生の研究スタイルや著書に対する意見・感想など、何でも結構です
・発表形式 : 肩肘張らず自由に語ってください。ただし、会の後半、基調発表で語られた内容にもとづいて、出席者全員でフリーディスカッションをおこないます。ディスカッションの手掛かりとして、簡単なレジュメをご用意ください。レジュメの印刷は事前に運営スタッフで承ります。詳細は、後日、ご応募いただいた方にご連絡させていただきます
・応募方式
@7月19日(金)までに、乾口のアドレス(inu_t@hotmail.com)までご連絡下さい(件名は「井上謙先生を偲ぶ会シンポジウム基調発表応募」とご記入下さい)。その上で、@お名前、Aご連絡先、B卒業年、C当日、話そうとお考えの内容(先生の思い出、先生の研究スタイル、著書に対する意見・感想など、簡単で結構です)をご記入ください
Aご応募をいただいた方には、後日、ご連絡させていただきます
B応募者多数の場合、人選はご一任ください
以上
ラベル:井上謙
posted by 乾口達司 at 23:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック