2013年03月19日

兵庫・岡山紀行(与太郎さま)

20130319-1.bmp

兵庫・岡山紀行(仁豊野)→こちら
兵庫・岡山紀行(常福寺)→こちら
兵庫・岡山紀行(宮ノ前古墳群)→こちら
兵庫・岡山紀行(親王塚)→こちら
兵庫・岡山紀行(性海寺)→こちら
兵庫・岡山紀行(置塩城跡)→こちら
兵庫・岡山紀行(弥勒寺)→こちら
兵庫・岡山紀行(弥勒寺宝塔)→こちら
兵庫・岡山紀行(若王子神社)→こちら
兵庫・岡山紀行(花山法皇御輿屋敷跡)→こちら
兵庫・岡山紀行(太陽公園)→こちら
兵庫・岡山紀行(日応寺)→こちら
兵庫・岡山紀行(安養寺)→こちら
兵庫・岡山紀行(備前国総社宮)→こちら

与太郎さま(玉野市八浜町大崎)は宇喜多与太郎基家の墓であると伝える。1581年、毛利軍と戦った八浜合戦の折、足に傷を負った与太郎は追っ手から逃れるために竹やぶに身をひそめる。しかし、村人に潜伏していることを通報され、あえなく討ち取られた。塚はそのときの侘びと供養のために村人によって建てられたものであるという。そういった経緯もあり、いまでは足や腰の神様として敬われているとのこと。実際、私が参拝に訪れたときにも何人かの老若男女がお参りにやって来ていた。
ラベル:神社
posted by 乾口達司 at 21:45| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック