2013年02月06日

嘔吐。

夕方、仕事が一段落したため、所用も兼ねて外出をした。その頃から胃のあたりに違和感があった。夕食後、胃のむかつきが強くなった。入浴後はじっとしていられないほどになり、やがてトイレに駆け込む始末となった。大量の嘔吐である。ノロウィルスか。一瞬、そう思ったが、ノロウィルスにあるべき下痢がない。以前、ノロウィルスにかかった経験から判断して、今回の嘔吐が感染性の胃腸炎の類ではないように思われた。思い当たるとすれば、昼に食べたラーメンである。今日は自宅でラーメンを食べた。麺は乾麺を使った。しかし、スープは以前の余りものを使った。液状のスープである。食後、開封した後のスープの袋を捨てようとして、袋に記載された賞味期限が先月中旬であることに気がついた。液状スープの場合、やはり油の劣化が激しい。今夜の嘔吐の原因はおそらくその劣化したスープの油にあったのだろう。内容物をすべて吐き出したせいで気分はすっかり良くなった。しかし、用心のため、今夜は早めに休もうと思う。
ラベル:嘔吐 ラーメン
posted by 乾口達司 at 23:17| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック