2013年01月10日

生駒市の長弓寺・本堂。

20130110-1.bmp

元日の午後、初詣に高山八幡宮(生駒市高山12679-1)を参拝した。その後、富雄川沿いを南に下って長弓寺(生駒市上町4446)を訪れた。正月3ケ日には、普段、一般には公開されていない本堂(国宝)が開放されている。本堂は正面に1間の向拝がつく桁行5間・梁間6間の入母屋造・檜皮葺。弘安2年(1279)の建立である。和様を基本としながらも、建立当時、大陸から伝わっていた意匠(大仏様)が各所にほどこされており、いわゆる新和様の代表的な仏堂となっている。堂内は菱欄間と格子戸によって内陣と外陣とに区画されており、外陣の上には3間通しの長大な虹梁が渡されている。本堂の開放にともない、内陣に安置されている本尊・十一面観音菩薩立像(国重文)も御開帳されていた。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 20:33| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック