2012年10月03日

徳島・香川・岡山紀行(蕎麦米汁)

20121003-1.bmp

徳島・香川・岡山紀行(鯛飯)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(竹ちくわ) →こちら
徳島・香川・岡山紀行(フィッシュカツ)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(いのたに鳴門店)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(ゆたか屋)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(滝のやき餅)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(讃岐うどん)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(阿波尾鶏)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(秀やす)→こちら
徳島・香川・岡山紀行(みまから)→こちら

先日、旅で訪れた徳島では蕎麦米汁というものの存在を知った。蕎麦米汁は鯛飯と一緒にいただいた。案内役のMによると、徳島では学校の給食でも普通に出されるものであるという。どこのスーパーにも売られているということであったため、滞在中、徳島市内のスーパーに立ち寄ってみた。Mのいうとおり、陳列棚には蕎麦米が袋詰めで並べられていた。奈良に帰宅後、蕎麦米汁を作ってみた。鶏を塩茹でにしたスープに昆布だしを加えて蕎麦米を投入。そこに白菜やにんじん、ちくわの切ったものなどを入れて煮る。さらに塩やしょうゆで味を整えた。店で食べたような上品な味を再現することは出来なかったが、充分に美味しかった。蕎麦米はまだ残っている。次回は別のものを投入して食べてみようと思っている。
ラベル:蕎麦米
posted by 乾口達司 at 21:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック