2012年09月21日

徳島・香川・岡山紀行(竹ちくわ)

20120921-1.bmp

徳島・香川・岡山紀行(鯛飯)→こちら

今回の徳島・香川・岡山旅行では二十年振りに徳島(小松島)名物・竹ちくわを食べることが出来た。竹ちくわとは、その名のとおり、竹筒に魚のすり身を巻きつけて焼いたちくわのことである。学生時代、徳島出身のMやOが長期休暇明けに郷里から戻って来るたびに頂戴したものである。一般的なちくわと違い、竹筒に巻きつけられているのがおもしろい。筒の両端を持ってかぶりつくのが野蛮で楽しい。すだちや醤油につけて食べる人もいるという。しかし、私は何もつけずに食べる。それでも魚肉の風味がして充分に美味しい。二十年振りの竹ちくわを堪能した。
ラベル:ちくわ
posted by 乾口達司 at 21:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック